なぜ朝早く起きれない?目の疲れと早起き-早朝時間を活用する短眠道場  

早起き・朝時間・短眠はあなたの人生を大きく変える!

早朝時間を活用する短眠道場

早朝時間の作り方-なぜ朝起きれないのか?目の疲れと早起き



なぜ朝起きれない?原因のひとつが目の疲労・疲れです。夜遅くなると一日の疲れがどっーとでます。特に目を酷使したり、脳を使いすぎたりすると、脳や目は、エネルギーを多く消費して体も疲労 心も疲れはて、この状態で眠ると起きにくいです

予想以上に目と脳は、相当エネルギーを消費して、夜眠るころにはぐったり・・・
脳のエネルギー消費はとても大きく、疲れ、逆に目から入るマイナスの情報は脳を興奮・苛立たせては脳を不安定にします。

とくに目の疲れはひどい肩こりや首のこりなどとも関連しており、パソコンやスマホなどの普及や仕事のストレスなどで肩こりや首こりの状態を引きずる方も多く、肩こりから頭痛などを引き起こし質のよい睡眠を妨げています。睡眠障害や不眠症で悩み苦しんでおられる方も増加しています


とくに寝るまえのパソコンやテレビはできるだけ控えることがポイント


管理人・わく蔵のアドバイス

朝早く起きるには、食べ物を厳選する・食べ方や食べる量を工夫することが早起きを楽にやれる条件ですが、目の疲れや脳の疲れを如何に少なくするかも大きなポイントになります。そこで目疲れを取り、スッキリした状態で脳の活性化するための方法は??

お風呂に入り、ゆったりすることやリクライニングチェアで目をとじて脳の疲れを取り,こころの緊張やストレスを和らげるCD(サウンドトラック)滝の音やせせらぎなどの自然音やクラッシックなどを聞かれたり、お香やアロマなどで安らいだり・・・・と

さらに目の疲れや脳の疲れをどう軽減するか?それは、瞑想です
管理人・わく蔵も毎朝 瞑想をやっています15分から多くて30分ぐらいを自己流ですが
Wikipediaでは、瞑想(めいそう、Meditation,メディテーション )とは、何かに心を集中させることとあります

管理人・わく蔵としては、瞑想をすることで脳を空っぽにして、呼吸や目や思考をゼロに近くすることで疲れとくに脳疲れが少なくなるように思いますね

早起きと短眠は、疲れ特に目や脳の疲れを取り去るのがポイントです
座禅で集中して無になり脳を空にすると睡眠も少なくなります。座禅や瞑想の1時間は睡眠3時間に匹敵ともいいます。

 なぜ朝早く起きれない?-目の疲れと早起き-次へ-心の深層意識と眠り

関連 

瞑想や禅の活用
お風呂で疲れをとる