瞑想や禅の活用-  早朝時間を活用する短眠道場

早起き・朝時間・短眠はあなたの人生を大きく変える!

早朝時間を活用する短眠道場

瞑想や禅

早起きをして座禅や瞑想をすれば、心の進化や自分の生き方が見えてきます。まず一日の最初・朝一番にこころの平安と安定を得て自由自在な精神を得るために、呼吸を整え、精神を集中して、頭の中を空にするために、座禅や瞑想をしてください。

早起きをして座禅をするメリットは、この忙しく殺伐とした現代において、一度自分自身を見直すことができます。瞑想は睡眠時間を短くして朝早く起きやすい心身をつくります。ストレスや目の疲れがひどい状況さらに脳の疲れがひどい場合早起きは難しいので座禅や瞑想で軽減しましょう

朝早起きをして座禅をすることでこの大宇宙とつながり、気を高め、運をUP!でき、座禅で集中力や直感力が高まり、頭の回転もUP出来、朝の時間を生かすことですばらしい生き方が可能になり、日々決まった時間に継続・習慣に出来れば少しずつ大きな力になります。

創造力も飛躍 超人の第一歩




疲れをなくすることで朝早く起きれますが、これにはある条件があります。と言いますのもこの条件をクリアーできないとなかなか早起きが出来ません。

あなたのまわりを見回しても早起きされている人の割合は、10人で1人か2人ぐらいではないでしょうか?なかなか早起きは良いと頭で理解していても出来ない、3日坊主という方が多いのではないでしょうか!

これは眠りから起きるというものが、あなたの潜在意識の働きによるところが大きいからです。日中早起きするぞとあなたの表面の意識で決意しても眠りの中であなたの潜在意識が早起きは無理と認識していれば早起きは難しいということです。

例えば今まで何十年も8時間の睡眠を継続・習慣にしてきた。疲れを軽減すれば朝早く起き出来ますが、食べすぎによる疲れで食事を1日に1食か2食に食事を減らすこともことも長く1日に3食を継続・習慣にしてきた。あなたの意識として8時間寝なくては駄目、4時間の睡眠では体を壊す、1日に3食べなくては、病気になるとの長期間の心・意識があれば難しいと思います。

あなたの意識にある継続・習慣が早起き出来なくする。何故平凡な管理人・わく蔵が1日に1食で3時間の睡眠ができるかは、疲れをなくすることの前に潜在意識の働きを自由にできたからです。それは長きに独自・自己流ですが瞑想や禅でこころと脳の鍛錬をしてきたからです




関連   
早起きのポイント 
早起きと短眠のメリット
 
早起きサポートグッズ