お風呂で疲れをとる・マッサージ -朝時間の作り方 早朝時間を活用する短眠道場

早起き・朝時間・短眠はあなたの人生を大きく変える!

早朝時間を活用する短眠道場

お風呂で疲れをとる

お風呂には、ただ入るではなく、如何に目の疲れや脳の疲労を取るかがポイント

短眠を実現するポイントの一つが入浴です。
早起きをする上でお風呂・入浴は、大事とういうことが意外と?知られていません

早起きや眠りの大敵は、疲れ特に目の疲れや脳が疲労したときは、とてもしんどいですね、管理人も経験上、脳疲れ状況で寝ますと朝すっきり起きれません。寝る前に体のこり・疲れを持続しては、特に脳が疲れたとかストレスがたまるなどでは、早起きはできません。一日の疲労をお風呂でとりましょう


管理人の場合は、 少しぬるま湯39度〜41度にゆっくり浸かる。41度に15から20分ぐらい入ります。はじめはぬるま湯ですが、時間とともに芯から温まります^^ぬるま湯は副交感神経によりリラックスして寝やすくなります

少しぬるま湯のお風呂に長く(疲れない程度に)つかることが、免疫力をあげることになり、疲れにくい体になります。入浴は、全身の血流を良くして、全臓器・細胞の新陳代謝を促進して体温を上昇させます自然塩やゆずなどの薬湯などもいいでしょう

42度以上の高温の場合は交感神経が活発となり興奮気味となり快眠しにくいです
管理人の場合の温度・時間は個人個人により、地域や夏・冬などの季節により異なりますので目安としてご判断下さい
お風呂に
温泉効果の高いラジウム温泉ボールや麦飯石をまぜたものを使用しています。




マッサージで疲れをとる

マッサージチェアで体や肩のこりをほぐし、くつろぎアイマスクで目をとじて耳栓をして、快適リラクセーションもしくは、クラッシックを聞き、ここちよい状態 @アルファ波を誘う癒しの時間を体感してください


効能・効果 あんまマッサージの代用 疲労回復・血行促進・筋肉の疲れをとる・筋肉のコリをほぐす・神経痛、筋肉痛の痛みの緩和などファミリー マッサージチェアの技とお得な価格に満足^^

ファミリー マッサージチェア アイボリーネセサ FMC-N230(IV)

ファミリー マッサージチェアは、管理人の家族も10年以上使っています


関連   
早起きのポイント
 
早起きと短眠のメリット
 
早起きサポートグッズ