生姜紅茶と早起き早朝時間を活用する短眠道場 

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
風邪や冷え症、ダイエットに効果があるということで、最近、生姜紅茶が 話題になっています。特に生姜がブームです

日々寒くなりました。特に冬には体の冷えに気をつけ首の後ろのひんやり感に注意です。風邪をひくときは自分の場合首の後ろから?本日は、2012年1月30日です。今午前3時すぎ・・・
就寝時間22:10 起床時間01:50  睡眠時間3時間40分

今あつい生姜紅茶を飲んでいます。健康に良いと思います。のみはじめて約4年です。生姜紅茶は、石原結實先生の理論冷えと食べすぎが病のもとが持論を本で知り、早起きと短眠の実現の為に健康で長生きを考えはじめました。

しかし何故冬場は早起きが難しいにか?
冬場は温度が低いので体温も低いつまり低体温の方が増え、低体温では早起きが難しい
風邪や冷え症、ダイエットに効果があるということで、最近、生姜紅茶が 話題になっています。特に生姜がブームで、プチ断食が注目!

生姜紅茶で有名なの石原 結實先生は、病気は血液の汚れからで、冷えが原因と言われています。さらに石原 結實先生は、体を温め、免疫力をUP!すれば健康になるといわれます

冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどです。体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなります


体温が1℃上がると免疫力は、5〜6倍上がります

詳細は、石原 結實先生の「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法にて
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法


生姜紅茶の効能

紅茶の効能・・・紅茶のカフエインには利尿作用があり、紅茶自体は体を温めてくれます

黒砂糖の効能・・・生姜紅茶に入れる黒砂糖は、ビタミンやミネラルが豊富で体を温め、不調を正してくれます

生姜の効能・・・体温を上げ、血流をよくし、白血球の力を強め、免疫力をUPします

体温が1℃上がると免疫力は、5〜6倍上がります

生姜の持つダイエットや美容効果あり

体温が1度低下すれば、代謝は約12%マイナスで消費エネルギーが約200〜400kcal減ります。免疫力も約30%低下します。代謝が12%低下ということは脂肪消費が落ち、痩せにくい・ダイエットしにくい、大変不利なる状況になります

血行を促進して体を温める効果があり、代謝がよくなります
血行がよくなるということで、痴呆症だけでなく、物忘れとか、寝たきりとになりたくない方にお勧めです

特に生姜に含まれる成分ショウガオールは、体を芯から温め、体の気めぐりを促進するのでを多く摂取することが望ましく、ショウガオールは生の生姜に比べて、圧倒的に乾燥した生姜に多く含まれています。乾燥した生姜は、体の芯までほかほかと温めてくれるので、寒い冬場には、乾燥した生姜を摂取する必要があるります。






生姜紅茶の効能の作り方

管理人の場合、生姜は減農薬栽培のものをすりおろしてお湯を入れて黒糖もしくは蜂蜜をいれてよくかき混ぜて飲んでいます。生姜の量は個人で違うと思いますが、小さじ2杯ぐらいにお湯200mlぐらいでしょうか?!

生姜は市販のチューブものもありますが、どうも風味と味がいやで現在生の生姜は減農薬栽培のものをすりおろしています。安心のお野菜はこちら 健康・安全第一ですから・・・










生姜紅茶でプチ断食ダイエッ