生姜紅茶でプチ断食ダイエットと冷え対策の効能あり-石原結實先生-早朝時間を活用する短眠道場

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
生姜紅茶でプチ断食ダイエットと冷え対策の効能あり-石原結實先生
風邪や冷え症、ダイエットに効果があるということで、最近、生姜紅茶が 話題になっています。特に生姜がブームで、プチ断食が注目!

生姜紅茶で有名なの石原 結實先生は、病気は血液の汚れからで、冷えが原因と言われています。さらに石原 結實先生は、体を温め、免疫力をUP!すれば健康になるといわれます。

冷えから血行が悪く、夜中に何度も起きたり、寝つきが悪く、ぐっすり眠れない方も多く、手足が冷える、むくみ、疲れる、生理不順、便秘にアトピーなどの冷えからの悩みは深刻です。新陳代謝が悪く肥満、肩こりや首のコリなども体の冷えからの原因も関係している場合もあります。低体温や低血圧など冷えることによ様々な病気に関連し、免疫力が低下することで風邪をひきやすくなります。

冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどです。体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなります


体温が1℃上がると免疫力は、5〜6倍上がります


詳細は、石原 結實先生の「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法にて
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法


生姜紅茶の効能プチ断食 

40代後半の管理人の場合

現在約3時間睡眠

1か月で約5Kgのマイナス&ウエスト8cm減


風邪をひかなくなったり、疲れが少なくなり、朝早く起きても全然疲れがない

生姜紅茶の効能

紅茶の効能・・・紅茶のカフエインには利尿作用があり、紅茶自体は体を温めてくれます

黒砂糖の効能・・・生姜紅茶に入れる黒砂糖は、ビタミンやミネラルが豊富で体を温め、不調を正してくれます

生姜の効能・・・体温を上げ、血流をよくし、白血球の力を強め、免疫力をUPします

体温が1℃上がると免疫力は、5〜6倍上がります

生姜の持つダイエットや美容効果あり

体温が1度低下すれば、代謝は約12%マイナスで消費エネルギーが約200〜400kcal減ります。免疫力も約30%低下します。代謝が12%低下ということは脂肪消費が落ち、痩せにくい・ダイエットしにくい、大変不利なる状況になります

血行を促進して体を温める効果があり、代謝がよくなります
血行がよくなるということで、痴呆症だけでなく、物忘れとか、寝たきりとになりたくない方にお勧めです

特に生姜に含まれる成分ショウガオールは、体を芯から温め、体の気めぐりを促進するのでを多く摂取することが望ましく、ショウガオールは生の生姜に比べて、圧倒的に乾燥した生姜に多く含まれています。乾燥した生姜は、体の芯までほかほかと温めてくれるので、寒い冬場には、乾燥した生姜を摂取する必要があるります。







生姜紅茶の効能の作り方

管理人の場合、生姜は減農薬栽培のものをすりおろしてお湯を入れて黒糖もしくは蜂蜜をいれてよくかき混ぜて飲んでいます。生姜の量は個人で違うと思いますが、小さじ2杯ぐらいにお湯200mlぐらいでしょうか?!

生姜は市販のチューブものもありますが、どうも風味と味がいやで現在生の生姜は健康・安全第一で減農薬栽培のものをすりおろしています。生姜を千切りにして天日干しにした乾燥生姜でもいいかとおもいます


生姜紅茶とプチ断食

生姜紅茶のさらなる活用法として石原 結實先生のプチ断食は、朝食を抜くというもので、その代わり生姜紅茶を飲む、もしくはにんじん・りんごのすりおろしジュースを飲むというものです。もちろん両方ならさらに良い。昼も生姜紅茶かにんじん・りんごのすりおろしジュースを飲むもしくは、そば・パスタなどを食べる。夜は和食を中心普通の食事になります

プチ断食のやり方・詳細は、石原 結實先生の本を読まて実践されることをおすすめいたします。

なぜならば、プチ断食につきましては、 管理人の場合は、1か月で約5Kgのマイナス&ウエスト8cm減でしたが、これは個人差があり、石原 結實先生のやり方も多くは問題ないと思いますが、合う合わないなど適正もありますし、体調・体質なども個人差やその日により違いもあり、医師の書いた本を読まれたほうが、より安全に取り組めると思われます。

またプチ断食ではなく、本格的に断食をやりたいとか少し体調が不良な方は医師に相談したり、断食道場などでご指導を受けてください。



生姜紅茶の効能プチ断食 管理人の場合

管理人の場合は、1か月で約5Kgのマイナス&ウエスト8cm減

管理人の場合は、生姜紅茶をのみはじめて5年以上になりますが、まず風邪をひかなくなったり、疲れが少なくなりました。低体温については、管理人も体で体験・実感しています。身近な周りで風邪を引く方が増えてもほとんどひきまんし、疲れもないです

以前は少し無理をすると、目が疲れたり、頭が痛くなったり、肩がこったりと疲れやすい状況の虚弱な体質でしたが、疲れなしを自らで体験・実感していましす。


特にプチ断食として石原先生式のにんじんとりんごのジュースを2杯に生姜紅茶で昼はなしかそばを食べるもしくは、大粒の黒砂糖・体によいクッキーなど夜は普通に和食で1ヶ月で約5キロ減に成功しました。最初20代のころ182CMで62キロでしたが、40代で78キロになりお腹周りが93cmという無様な状況に1ヶ月で約5キロ減でウエストがいま85cmとマイナス8cmになりました

通勤と朝に犬の散歩を約1時間などを実践するようになり、肩こりなどもなく、身近な周りで風邪を引く方が増えてもほとんどひきまんし、体の疲れなどもほとんどありません。以前は、一番に風邪を引き、一度風邪になれば長引いていました。

40代後半の管理人が現在3時間睡眠で毎日約1時間歩きプラス筋トレを含む鍛錬、日に約100キロほど車の運転をしても疲れなしを自らで体験・実感していましす。特に朝を食べずににんじんとりんごのジュース&生姜紅茶にしてから、頭はすっきり、体は軽やか、心はいきいきで疲れなし、病気とは無縁の生活です

ポイントは、疲れをなくすことが大事です。まず、健康でなくてはなりませんし、管理人の経験・場合ですが、以下

体温を上げる・ストレスを緩和する・お風呂で疲れをとる・磁気を活用小食で体に負担ない食べ物などに注意して健康を考えています。

管理人の場合は、67歳で親父をがんで亡くしています。母は健在です。50代や60代で病でなくなる知人・友人も多くなり、身内や友を亡くすつらさや悲しみは大変つらいものですし、本人が一番の無念です。

こんなつらさや悲しみから開放するためには、病にならないことが大切で、それには、冷えないこと、体温を上げることが大切で、その方法が生姜紅茶を飲むことでさらにパワーアップしたのが冷え性・便秘にお悩みの方向け<生姜発酵ドリンク> です。75種類の食物を、3年間じっくりと発酵させ、さらに高知県産の大生姜を加えて植物性乳酸菌で4〜6ヶ月自然発酵させています。ドリンクなので生姜紅茶を作るのが面倒とか時間がない方に最適!


生姜紅茶は、管理人自身が調べて、実践して納得して、周りでも元気な方が増えてきました。健康になられる方が一人でも多くなればと掲載しています。



体重・体脂肪をぐんぐん減らし、血圧・血糖値・悪玉コレステロールなど生活習慣病の数値も下げる、驚きの薬効がショウガには秘められています。
本書では、ショウガの薬効を最大限に発揮できるレシピを多くの体験者たちの声とともにご紹介しています



プチ断食(初心者編、半日編、1日編)、温熱食生活から、体質を変える入浴法、美肌を取り戻すナチュラルケアまで、簡単に続けられて効果のあるものを、丁寧に紹介


上へ