早朝時間を活用する短眠道場  短眠の方法・やり方

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
短眠の方法・やり方

短眠のポイントは、
疲れをなくすこと&慣れつまり習慣にすること

短眠のポイントの疲れをなくすためには
3つのテーマ短眠をマスターするには、以下がだいじです

厳選した食事(小食) 短眠を実現する食生活
瞑想や禅により脳や潜在意識のレベルUP 
脳の活性化 心の活性化
体を鍛え、お風呂で疲れをとる
   体の活性化 短眠を実現するお風呂

短眠をマスターする方法として小食とか玄米食にしなさいという方がいますが、これはその短眠するかたにより状況が違います。例としてある方は、極度の玄米菜食をすれば不調になるとか・・・いろいろ違いますので、できれば経験・体験の多い方の意見を参考にすればいいかと思います。中には、短眠法の本を読んだだけの知識のみという方もいますので注意が必要です。

特に短眠法で大事なのが、脳や潜在意識でこれを変えることが大事なポイントですが、あまり短眠法の経験のない方は、瞑想すれば睡眠時間が少なくなるとしか言いません。間違いではありませんが、それだけでは難しいですし、上手くいかない場合もあります。

管理人みずからの体験と今、現在も短眠をやり続けている中での管理人独自のノウハウです

とくに初めての方の場合、厳選した食事(小食)が大きなポイントで、初めての方が短眠をスタートすることで眠気や体調管理に苦労する場合もありますので、食事特に小食(厳選した食事)を考えた方法で少しでも眠気や体調管理の苦労を軽減でき短眠がうまく出来るよう当早朝時間を活用する短眠道場では、厳選した食事(小食)の情報を掲載しております

短眠のポイントの疲れをなくすことは、逆に言えば元気で健康でなくてはならないと言うこと早起きをして早朝時間を活用するためには健康で心身・頭が最高でなくてはダメです

疲れをなくし、心・体・脳を最高にするために 
脳の活性化 体の活性化 心の活性化の各コーナーに分けています。
健康と長生きは絶対に短眠をやる上で必須アイテムであり、一時的に短眠が成功しても病気になったりではダメ、長期的に厳選した小食により健康と長生きが獲得でき同時に短眠を手にできるというのが私管理人・わく蔵の理論です


元気になって
疲れをなくすには

管理人みずからの体験と今、現在も短眠をやり続けている中でのノウハウですが、
石原 結實先生の病気は血液の汚れからで、冷えと食べすぎが原因という考え方が基礎になります

体を温め、免疫力をUP!すれば健康になる。冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどで、体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなります

詳細は、石原 結實先生の「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法にて
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法


石原 結實先生の理論につきましては
、管理人・わく蔵も小食にして、生姜紅茶を飲み、通勤と朝に犬の散歩を約1時間などを実践するようになり、肩こりなどもなく、身近な周りで風邪を引く方が増えてもほとんどひきまんし、体の疲れなどもほとんどありません。以前は、一番に風邪を引き、一度風邪になれば長引いていました。

40代半ばの管理人が現在約3時間睡眠で毎日約1時間歩きプラス筋トレを含む鍛錬、日に約100から200キロ車の運転をしても疲れなしを自らで体験・実感していましす。もちろん健康診断なども異常なく良です。


これは、
石原 結實先生の理論を基礎に胚芽や雑穀などを中心に放射能はもちろん電磁波や農薬さらに保存料などのリスクの少ない食材を厳選して選んだ食事や独自の健康法を実践するようになった為だとおもいますが、あくまで管理人・わく蔵独自のやり方です

管理人が自ら体験したやり方があなたに最適かどうかはわかりませんが、石原 結實先生の理論のもとは、二木謙三博士の教えで博士は3時間睡眠で93歳までご活躍された医師ですし、現在101歳で、ご活躍の日野原 重明先生 も1食で約5時間睡眠です。


結論としては、短眠は元気で疲れのない状態でやること。特に食事および食材選びは重要です。40代半ばの管理人が現在約3時間睡眠でも疲れなしを自らで体験・実感したこと、確信したことのみを掲載しています。管理人自身は、医師でもなく、短眠をビジネス(短眠を教える教室や講座)にしてるのではなく、管理人・わく蔵独自のやり方やサイトに掲載した情報が短眠したい、早起きをやりたい、朝を活用したい方のためにお役に立てばと思いサイトを運営しています

早起きや短眠が出来たら時間がたっぷりでき、健康や長生きで夢が実現できますから・・・
短眠の方法・やり方2 意識・心構え
短眠の方法・やり方3 実践やり方

上へ