早朝時間を活用する短眠道場  短眠の方法・やり方3実践 

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
短眠の方法・やり方3 実践

短眠のポイントは、
疲れをなくすこと&慣れつまり習慣にすること



いよいよここからが短眠の方法・実践
1から4までの心構え・理論を理解してこそ方法がいきます。

5・短眠を実現する食生活のすすめ
短眠の大敵は、疲れ
特に寝る直前の暴飲暴食などは、睡眠中に内臓を酷使して、本来の疲労回復ができずに多くの睡眠を必要とします。就寝の最低4時間位前には、胃や腸に食べものを入れないことがポイントです

とくに初めての方の場合には、短眠をスタートすることで眠気や体調管理に苦労する場合もありますので、食事、小食(厳選した食事)を考えた方法で少しでも眠気や体調管理の苦労を軽減でき短眠がうまく出来るよう当早朝時間を活用する短眠道場では、成功できるように精一杯サポートさせて頂きます。

睡眠時間にもよりますが、3時間睡眠・4時間睡眠のレベルになりますと1日3食腹いっぱい食べての短眠はきついものがあります
管理人の場合、短眠と言うこともあり、食事は朝がメインで夜は基本的にとりませんし、昼も軽食かなしで、1日1食から2食もしくは、夜に野菜ジュース・バナナ1本とシリアルなど少々。1日1食は、医学的に、体に悪いという意見もありますが、約20年病気にもならず、身長182CMにたいして体重は約20年前が63k 現在は76Kでここ10年増減ありません

1日3食の方が急に1日1食にすれば弊害や意識的に上手くいかず、1日3食の1食あたりをいつもの70%ぐらいにするか1日2食は通常で
残りの1食を野菜ジュースバナナ1本とシリアル、プロテインインナッツなどにする、もしくは、食を麺と野菜にするなど・・・

ゆっくり反応をみながらダイエットしながらすこしずつ減らすこと、この自分の意識が納得しながらが大事です。また食を減らしながら、素材や鮮度さらに安全な食べ物を選択してください。


食を減らす分を補うために玄米や雑穀などをおすすめしています。小食にする場合は、初めての方が、空腹感に苦心する場合が多いので玄米・雑穀は噛み応えがあり、満腹中枢を刺激して腹持ちがよくなり、空腹感が少なくなります。また食べすぎを防止できるので、眠気を少なくでき、逆に従来通りの食では 眠たくなり、短眠がつらくなり、事故や体調不良の原因になります 。よく枕や寝具を変えてもよく眠れないという方はこの食を変えることが大事になります

食の偽装・中国の農薬事件・食品添加物・保存料など体にいい食品を慎重に選択しなくては、病になったり、高齢になり寝たっきりになったり介護をうけたりと医療費もかかり、病気で稼ぎがなくなったりと金銭的に負担も増えます。何より内蔵への負担が増え、多くの睡眠・休息が必要です。
詳しくは
短眠を実現する食生活

6・体・心・脳の活性化


脳の活性化
脳は、相当エネルギーを消費します。 とくに疲労・疲れは、短眠の大敵です。
脳の疲れを取り、スッキリした状態で脳の活性化をしてください

脳の活性化では
お風呂に入り、ゆったりすること マッサージチェアで くつろぎ、@アルファ波状態にするをご提案


体の活性化
体の疲労には、外と内があり、外は体の表面で、肩のコリや筋肉の疲労です
内は体の内面で、内臓の疲れです。とにかく体に疲労が蓄積した状態は、短眠の大敵です。

体の活性化では、歩くこと、ウォーキングすること 気功・体操のすすめ 温泉効果の高いラジウムボールのお風呂をご提案


心の活性化
睡眠前に心に悩みやストレスがあり、不安・怒り・憂鬱など不安定な心の状態での睡眠は、深くて質のいい眠りは得れません。ストレスは、短眠の大敵です。


心の活性化では、アロマテラピーをする 瞑想・禅・ヨガ・クラシックなどをご提案

7・短眠を実現する寝具(眠り方)

短眠を実現する食生活で内臓の疲れを減らし、体・心・脳の活性化で体や脳及び心の疲れをとり、眠りやすい環境や寝具で深くて質のいい眠り、つまり圧縮睡眠で体・心・脳及び内臓を再生して短眠を成功させましよう。


最後に短眠・早起きのサポート

理論・方法ではいろいろ学び理解しても実際やると問題があったり、管理人も上手くいっていて途中で失敗があったりでやり直しとかがあります。
当サイトは無料で短眠や早起きのサポートを個人的にボランテァでやっていますので、短眠・早起きのサポートも不明なことやご質問を管理人・わく蔵の解る範囲でお答えさして頂きます。ただ、ご返答に多少お時間のかかることご理解下さいまた、睡眠や医療など専門的なことは専門家にて御確認下さい

短眠・早起きのサポートでは、短眠・早起きが確実にできると保証できませんが、少しでもそれに近づくよう応援させていただきます。

早朝時間を活用する短眠道場では、現在健康・長生き・短眠をされている方の情報や方法に約20数年平均3〜4時間睡眠で早朝時間を活用している管理人の経験・情報を加味して短眠及び早朝時間を活用する情報をご紹介しています。

短眠・早起きのサポート ご質問・お問い合わせ等


*ご参加は、各自のご判断と責任でお願い致します

上へ

当サイトについて
はじめての方に
早起きは三文の徳

プローフイール

なぜ朝早く起きれない?
目の疲れと早起き
心の深層意識と眠り
低体温と早起き

朝時間の作り方

今、何故、早起きなのか?
早起きと短眠のメリット
早起きのポイント

朝早く起きるには
ぐっすり快眠・スッキリ朝早く起き
瞑想や禅の活用
お風呂で疲れをとる
超人と厳選した食事

早起きサポート

早起きサポートグッズ
生姜紅茶と早起き
快眠のお役立ちあなたのレベル?
照明の活用

朝時間の有効活用とは
今、何故、早起きなのか?
早朝の節約節電は朝時間が一番
朝時間のテーマとは
健康増進・若返り・長生き
経済的豊かさを得る
運気UP・潜在能力の向上
経済的豊かさを得る
資格・勉強
仕事探し・就活
資産運用・投資
ネット収入
健康増進・若返り・長生き

座禅
早起きと髪の健康

短眠の方法

短眠の方法・やり方
脳の活性化
体の活性化
心の活性化
短眠を実現させるポイント
短眠を実現するお風呂

短眠を実現する食生活
短眠を実現する寝具






快い眠りは健康で充実した生活の必要条件だ。しかし今日、睡眠不満を訴える人はひじょうに多い。なぜ不十分になるのか、快適睡眠のために何をすべきなのか。眠気のリズムを知り、それにうまく合わせることはもちろん、昼間の過ごし方も大切だ。リズムを乱しておこる障害や、効果抜群の昼寝とおやつ、サバイバル睡眠法も紹介