体の活性化短眠の方法・やり方   早朝時間を活用する短眠道場  

早起き・朝活・短睡眠はあなたの人生を大きく変える!

早朝時間を活用する短眠道場
短眠の方法・やり方  体の活性化

体の活性化

ここが特に大事です。とくに疲労・疲れは、短眠の大敵です。
ポイントは、疲れをなくすことが大事です。まず、健康でなくてはなりませんし、管理人の経験・場合ですが、以下

体温を上げる
ストレスを緩和する
お風呂で疲れをとる
磁気を活用
小食で体に負担ない食べ物
などに注意して健康を考えています。


健康を考える中で、特に低体温に注意して下さい。石原 結實先生曰く、病気は血液の汚れが原因で血液の汚れは、冷えと食べすぎが原因で冷えの原因は、ストレス、運動不足、食べすぎ、冷房、シャワーのみでお風呂で湯船にゆっくり入浴しないなどです

35度台の低体温では、不快な症状や病気を引き起こす原因になります
体温が1℃下がると免疫力の中心的な白血球が30%低下し、カゼなどにかかりやすくなったり、がん細胞が発生しやすくなります



詳細は、石原 結實先生の「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法にて
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法



低体温については、管理人も体で体験・実感しています。身近な周りで風邪を引く方が増えてもほとんどひきまんし、疲れもないです

ストレスが強かったり、病気では、短眠は無理で、まず、健康な体で早朝時間を活用してください。早朝に起きますと生体リズムに合いますので健康になります。
くれぐれも無理はしないようにお願いします


体は、相当エネルギーを消費しますし、疲れが残ります
体の疲れを取り、スッキリした状態で体の活性化をしてください

まず、歩くこと、ウォーキング

気功・体操やゆる体操などもいいでしょう


お風呂 

管理人の場合は、お風呂に温泉効果の高いラジウム温泉ボールや麦飯石をまぜたものを使用しています。

機能性天然鉱石とラジウム温浴セラミックスを贅沢にブレンド

短眠と関係の深いのが磁気

人間の体には、神経伝達や筋肉収縮の際に電流が流れることにより常に磁場を発生しています。これを生体磁場
といいますが、この生体磁場の安定・バランスが崩れると快眠は得られません。

生体磁場のバランスをとる方法としては、経穴つまりつぼを刺激する針・灸・指圧や磁気化したお水やお風呂があります。

短眠を実現するお風呂では、磁気化風呂をおすすめします


入浴は、体の活性化だけでなく、心の活性化にも関連するし、短眠にとり大事なので短眠を実現するお風呂をみて下さい

管理人は、体を温め、免疫力をUP!すれば健康になる考えから特にお風呂にゆったり、入り体のこりと疲れをとっています


上へ