早朝時間を活用する短眠道場  短眠の方法・やり方  脳の活性化

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!

早朝時間を活用する短眠道場
短眠の方法・やり方  脳の活性化


ここが特に大事です。とくに疲労・疲れは、短眠の大敵です。
脳は、相当エネルギーを消費します。脳の疲れを取り、スッキリした状態で脳の活性化をしてください脳のエネルギー消費は大きく疲労・疲れになり、逆に興奮・苛立ちは脳を不安定にします

夜遅くなると一日の疲れがどっーとでます。目を酷使したり、脳を使いすぎ、エネルギーを多く消費して体も疲労 心もストレスに負け・・・こんな状況では、資格取得や勉強もできません

一度寝て 熟睡してスッキリ朝をむかえて元気に起床してから資格取得や勉強など早朝時間を活用してみてはどうですか

脳の疲れを取り、スッキリした状態で脳の活性化するための方法

1・お風呂に入り、ゆったりすること
短眠を実現するお風呂でも書いていますが、 寝る前に体のこり・疲れを持続しては、特に脳が疲れたとかストレスがたまるなどでは、短眠はできません。一日の疲労をお風呂でとりましょう。少しぬるま湯39度〜41度にゆっくり浸かる。管理人の場合、41度に15から20分ぐらい入ります。

はじめはぬるま湯ですが、時間とともに芯から温まります^^ぬるま湯は副交感神経によりリラックスして寝やすくなります(季節・体調によりお風呂に入る温度や時間が違います。)お風呂に入り、ゆったりすることで体の疲れをとり、さらに脳の疲れを取り、ストレスをなくし、スッキリした状態で脳の活性化になります

2・リクライニングチェアでこころの緊張やストレスを和らげる

まず、マッサージチェアで体や肩のこりをほぐし、くつろぎアイマスクで目をとじて耳栓をして、快適リラクセーションもしくは、クラッシックを聞き、ここちよい状態 @アルファ波を誘う癒しの時間をご体感ください。

わく蔵は、ファミリー マッサージチェアを使用中ですが、マッサージチェアがない場合普通のイス(出来ればリクライニングチェア)でもいいですが、座る前に体操やご自分で指圧してください。

この場合寝てしまえば体の休息にはなりますが、脳の疲れを取り、スッキリした脳の活性化効果は半減するため、背もたれを約20から30度の角度にして寝ないかウトウト状態にされるといいでしょう

この時に脳の疲れを取り,こころの緊張やストレスを和らげるCD(サウンドトラック) 滝の音やせせらぎなどの自然音やクラッシックなどを聞かれたり、お香やアロマなどで安らぎと室内を消臭し、清浄、快適空間にすることも大事です

3・早起きをして座禅・瞑想をして脳の疲れをとりましょう

早起きをして座禅をすれば、心の進化や自分の生き方が見えてきます。まず一日の最初・朝一番にこころの平安と安定を得て自由自在な精神を得てからご自分のやりたいことや今日を生きれば過去の自分とは違う生き方が可能かと思います。

早起きをして座禅をするメリットは、この忙しく殺伐とした現代において、一度自分自身を見直すことができます。座禅をすることにより、集中力や直感力が高まり、頭の回転もUPしますし、この大宇宙とつながり、創造力も飛躍

4・脳の活性化する食べ物をとること

ビタミンB群やビタミンEをとることが大事でビタミンB群は卵黄・豚肉・味噌ですが、出来るだけ自然に育てた いい素材を使用して下さい
ビタミンEは活性酸素を取り除く大切なビタミンです。うなぎ・たらこ・豆類(アーモンド

脳細胞の重要な構成要素として、n-3系の脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘ
キサエン酸(DHA)が知られています