短眠を実現するお風呂 早朝時間を活用する短眠道場  短眠の方法・やり方

早起き・朝活・短睡眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
短眠の方法・やり方  短眠を実現するお風呂

短眠を実現するポイントの一つが入浴です。
意外と短眠をする上でお風呂・入浴は、短眠をするうえで大事とういうことが意外と?知られていません

短眠の大敵は、疲れ特に目の疲れや脳が疲労したときは、とてもしんどいですね、管理人も経験上、脳疲れ状況で寝ますと朝すっきり起きれません。寝る前に体のこり・疲れを持続しては、特に脳が疲れたとかストレスがたまるなどでは、短眠はできません。一日の疲労をお風呂でとりましょう


少しぬるま湯39度〜41度にゆっくり浸かる。管理人の場合、41度に15から20分ぐらい入ります。はじめはぬるま湯ですが、時間とともに芯から温まります^^ぬるま湯は副交感神経によりリラックスして寝やすくなります

特にこの少しぬるま湯に長く(疲れない程度に)つかることが、免疫力をあげることになり、疲れにくい体になります。入浴は、全身の血流を良くして、全臓器・細胞の新陳代謝を促進して体温を上昇させます。自然塩やゆずなどの薬湯などもいいでしょう

42度以上の高温の場合は交感神経が活発となり興奮気味となり快眠しにくいです
管理人の場合の温度・時間は個人個人により、地域や夏・冬などの季節により異なりますので目安としてご判断下さい


管理人が愛用中! 
お風呂に温泉効果の高いラジウム温泉ボールや麦飯石をまぜたものを使用しています。

短眠の方法・やり方でもご紹介の石原 結實先生

「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 にてお風呂についての記載がありますが、正しいお風呂の入り方は低体温を防ぎ、ストレスを和らぎ健康になる
「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

管理人が石原 結實先生の低体温の理論・実践して約5年になりますが、短眠がやりやすくなり、日中は車で約100k程運転ますが、疲れも体のこりもなく、病気にもならず、健康診断も問題なく、睡眠時間 平均3〜4時間で人生を楽しんでいますが、これも短眠を実現するお風呂の考え方が大きいとかんじています。

お風呂には、ただ入るではなく、如何に目の疲れや脳の疲労を取るかがポイント
管理人の場合は、お風呂に
温泉効果の高いラジウム温泉ボールや麦飯石をまぜたものを使用しています。
入浴剤やお風呂グッズなどこりをほぐしたり、アロマなど安らぎも大事ですね
機能性天然鉱石とラジウム温浴セラミックスを贅沢にブレンド


短眠と関係の深いのが磁気

人間の体には、神経伝達や筋肉収縮の際に電流が流れることにより常に磁場を発生しています。これを生体磁場
といいますが、この生体磁場の安定・バランスが崩れると快眠は得られません。
生体磁場のバランスをとる方法としては、経穴つまりつぼを刺激する針・灸・指圧や磁気化したお水やお風呂があります。

短眠を実現するお風呂では、この磁気化風呂をおすすめします

磁気風呂ック(お風呂用)3950ガウス

以下にお役立ち

機能性天然鉱石とラジウム温浴セラミックスを贅沢にブレンド

磁気の力で水道水から元気な活性水にしてくれる磁気活水器

家庭用磁気活水器 マグミニ

「家庭用磁気活水器 マグミニ」は、1個取り付けるだけで、台所や浴室・シャワー、トイレなど、ご家庭のすべての水を、磁気の力で水道水から元気な活性水にしてくれる磁気活水器です。水道メーター器の六角ナットまたは塩ビ管に取り付けてご使用ください。元付けタイプで屋外に設置しますが、盗難防止機能付(特殊ネジ仕様)だから安全です。

活水器とは

水に含まれる大切な成分はそのままで、分子レベルでその特性を変化させ、さらに活性化するものです



お風呂で健康!でもコスト 経済面での心配と言う方には、地球にやさしいを応援するオール電化がおすすめです
管理人の場合は、オール電化導入して約1年です。地方に住んでいますのでプロパンガスを使用していましたが約月1万年11万の節約となっています。ただし、最初にオール電化の機器代が必要ですが、管理人の場合は家を建ててから12年でそろそろガスも買い替えを検討していましたのでオール電化導入となりました。


太陽光発電の見積り価格を一括比較
太陽光発電は見積り比較で安くなる!
上へ
朝時間を活用する短眠道場
当サイトについて
はじめての方に
早起きは三文の徳

プローフイール

なぜ朝早く起きれない?
目の疲れと早起き
心の深層意識と眠り
低体温と早起き

朝時間の作り方

今、何故、早起きなのか?
早起きと短眠のメリット
早起きのポイント

朝早く起きるには
ぐっすり快眠・スッキリ朝早く起き
瞑想や禅の活用
お風呂で疲れをとる
超人と厳選した食事

早起きサポート

早起きサポートグッズ
生姜紅茶と早起き
快眠のお役立ちあなたのレベル?
照明の活用

朝時間の有効活用とは
今、何故、早起きなのか?
早朝の節約節電は朝時間が一番
朝時間のテーマとは
健康増進・若返り・長生き
経済的豊かさを得る
運気UP・潜在能力の向上
経済的豊かさを得る
資格・勉強
仕事探し・就活
資産運用・投資
ネット収入
健康増進・若返り・長生き

座禅
早起きと髪の健康

短眠の方法

短眠の方法・やり方
脳の活性化
体の活性化
心の活性化
短眠を実現させるポイント
短眠を実現するお風呂

短眠を実現する食生活
短眠を実現する寝具






なぜ日本人は昔から温泉が好きなのか?―近年、予防医学の立場から、病気にならないために体温を上げろと指摘する声が高まっている。では、塩素づけの水道水を沸かした家庭の風呂やシャワーで事は足りるのか。それよりも、還元力のある“生きたお湯”につかったほうが安全。体も温まりやすく冷めにくい。日本人にとって温泉は、くつろぎの場であるとともに、免疫力を高めるもっとも身近な健康管理の場だったのだ。病院に行かなくてもいい健康な心身はホンモノの温泉で十分。その活用術を温泉教授が伝授


入浴剤の老舗バスクリン社員が、長年の入浴剤研究でわかった「正しいお風呂」の入り方を大公開!心身の疲労回復からメタボ解消やダイエットまで、目的にあった入浴術をわかりやすく紹介します