早起きと短眠のメリットー早朝時間を活用する短眠道場 

早起き・朝時間・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
早起きと短眠のメリット


夜遅くなると一日の疲れがどっーとでます。目を酷使したり、脳を使いすぎ、エネルギーを多く消費して体も疲労 心もストレスに負け、こんな状況では、勉強や活動もできません。一度寝て 熟睡してスッキリ朝をむかえて元気に起床してから早朝時間を活用してみてはどうですか

以下、早起きのメリット

集中力が高まり、頭の回転もUP。気持ちも前向きに 明るくなる。
早朝時間は、静かで邪魔がはいらない(不意の訪問者や迷惑な電話などがほとんどない)。
早朝時間は締め切りまで取り組めますので、効率がよい。

朝は、昼間に比べて3倍以上の生産効率がある。
早起きは、人間が本来 太古からの生体リズムと合い健康になれる。運がよくなる。
自由な時間がたっぷりあるので、ゆとり&余裕がある。などなど・・・


朝早く起きればどうなるの?!

早起きと短眠のメリットを二人A氏・B氏で比較(以下)、就寝時間は、ともに前日の23:00で一般的なB氏は、起床07:00の睡眠時間8時間対する早起きと短眠のA氏は、起床03:00の睡眠時間4時間

A氏は、起床03:00からB氏の起床する07:00までの4時間を資格取得などに活用(下のピンクの部分)A氏は、早起きと短眠のメリットを生かし1日で4時間の差、これが、1年、2年〜10年となれば大きな差になる

つまり確実に健康で長生きな生き方ができ、勉強、投資、資格取得、趣味などあなたのやりたいことができる生き方ができるということです

A氏 短睡眠 B氏 一般的
睡眠時間 4時間 8時間
23:00 就寝 就寝
03:00 起床 ネット 就寝
04:00 資格 英語 就寝
05:00 ジョギング・座禅 就寝
06:00 朝食・散歩(犬) 就寝
07:00 TV 起床

今、このホームページを見られているあなたには、早起きと短眠のメリットのA氏になってほしいのです。

この不景気な社会や将来の年金問題さらに放射能・食の安全からの健康不安などにたいしても朝時間があれば対策も立てられます。間違いなくやって来る少子高齢化の時代、今現在も消費税率の上昇・様々な負担増に食品・ガソリンなどの値上げで家計も圧迫状態です。

さらに年金のもらえる年齢が65歳ともいや68歳とか言われ、選択性では70歳の声も出ています。多額の借金大国であるわが国の近き将来、管理人・わく蔵は年金の開始年齢が70歳以上となり、減額は間違いないと思います。

年金の開始年齢が70歳以上と仮にすれば60歳定年としましても10年以上収入をどうにかしなくては?

60歳からどこかで働けばといわれるかも知れませんが、今の景気と国内情勢から見ましても景気は、良くなるとは思えず、現在でも大学や高校を卒業して働く方の就職難等を考えれば、60歳からの働き口は難しいと思えます。高齢になってからハローワークに行くのは大変です。

確かに少子高齢化の時代になり、人口が減ってくれば、人手不足な業種もあるかと思います。今では、飲食・運輸・介護といわれている分野が人手不足ですが、60歳からこの業界で働き口を確保するには、体力も必要で大変です。

60歳からの仕事探しには、経験と資格をもつことが大事です。もしくは、頭を働かせてウォーレン・エドワード・バフェットや作家で実業家の邱永漢氏のように投資をやる。もちろんそんな大げさなものではなく、年金分プラス@でいいので・・・

それと、放射能・食の安全からの健康不安などにたいしてもそうですし、60歳〜70歳までの10年以上の収入をどうにかしなくては? これには今後医療費も負担増になると思いますので健康でなくてはなりません。病気になれば働き口を確保どころの問題はありません。

大事な家族やお子様や友達ー守るべきもののためにも、それ以上にあなた自身のために健康にこころ豊かにふところも豊かに


管理人・わく蔵のアドバイス

もしあなたが、早起きと短眠のメリットA氏に変身できれば・・・・

このA氏が管理人であり、同時に過去のB氏も管理人わく蔵です。ただ、管理人A氏は、今現在22:00ごろ寝てAM1時から2時ごろに起きています。

管理人がA氏になってどうなったか?

もともとたいした学歴や能力もないですが、朝コツコツやり短睡眠をマスターして、家のローン60歳までを40半ばすぎに完済したり、年中風邪をひき、疲れやすいのが風邪とは無縁で健康診断も良好で疲れなしになりました。

以前から人前で話が出来ず、あがり症で自信がなく小心ものな男が強面や地位や名誉のある人にも物おじせずに接したり、話下手が営業の責任者になったりと自身でもオドロキです。

貧乏で生活苦が朝を活用して月のアルバイト代に匹敵する以上にネットで稼いだりと大きくかわりました。

なにより、瞑想・気功及び鍛錬で精神的に肉体的に強くなったことが大きく、心のゆとりができたのが大きいですね


今ご訪問されている方がたとえ2時間でも朝時間を活用できれば、毎日の時間はわずかでも継続出来れば、年間では大きくなります。1日に2時間でも自由な時間があれば、月に60時間、年に730時間で、1日に24時間で割ると約30日つまり年間30日・1ヶ月が丸々増える。

これが5年、10年になれば大きなチャンスになる。例えば、この1日2時間の自由時間をあなたがなにに使うかはご自由ですが、単純にバイトをしたとしまして朝なので新聞配達など(管理人も以前やりました)バイト代が時間1000円として月に6万円年間72万、10年になれば720万たまる。



バイトじぁなく、朝時間でネットでお小遣い稼ぎ、オークョンなどをはじめれば、最初は微々たるものでも、ガンバレば、サラリーマンの年収ぐらいは稼げる可能性もあります。朝時間でネットでお小遣い稼ぎや投資などやネットを使い朝から起業も可能です。

週末起業ではなく早朝起業です。

万一あなたの会社が倒れようが、クビになろうが心配ありません。管理人・わく蔵は年金の開始年齢が70歳以上となり、減額は間違いないと思っていますので、その対策で朝時間を活用してネットでお小遣い稼ぎ・投資・資産運用・不動産・起業をテーマに取り組んでいます。

朝の新聞配達バイト代も健康的でいいのですが、万一怪我などで仕事ができない状態になれば、月6万円のバイト代が翌月から0万円になりますので、朝時間&ネットで稼ぐ資産運用仕組みを構築出来れば、万一怪我などで仕事ができない状態になっても来月から月に0万円ということにはならないと思います。

管理人は、精神を鍛え、運を高めるを基本&最重要テーマーとして早朝時間を活用しており、禅や瞑想の修行を日課にしています。

無理をせずに、個人個人のペースにあったやり方がベスト。なかなか朝早く起きれない方や早く起きても2度寝してしまう方さらに起きても ぼーっとした状況で活動できない方のために朝早く起きれる方法を管理人・の体験とノウハウをお伝えすることでそんなかたのお役に立てれば嬉しく思います。



上へ