二木謙三博士 短眠・健康・長寿・若返りな人々  早朝時間を活用する短眠道場 

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
二木謙三博士



二木謙三博士

二木謙三博士は、明治6年(1873年)1月10日 生まれ  1966年(昭和41年)4月27日 )93歳は、伝染病を研究し、また二木式健康法を提唱した医学博士

二木博士が考案の健康法は、二木式腹式呼吸法に玄米食と一日一食の二木式健康法の創始者

二木謙三博士は、東京大学名誉教授で、93歳まで健康を保持した。その秘密は、 玄米食&一日一食主義(食事は500kcal程度の朝食のみの一日一食の玄米を1合か2合・菜食)と果物に塩・油・肉なしの食事と腹式呼吸つまり二木式腹式呼吸法にあり、夜12時に眠って午前3時に起きる3時間の睡眠、2時間歩くが日課の博士は、自然主義推行者として有名な方でした

8人兄弟の3番目に生まれ、1年ももたないと言われる程の虚弱な体で、20歳まで心身ともに数多くの病気に悩まされたが、徴兵検査のときに検査官から虚弱な病身を指摘され、軍隊の黒い麦飯を食えと麦飯食を始めた。これにより、虚弱な病身から開放された。これが玄米食と一日一食につながる。

この時代の平均寿命の倍以上健康でご活躍されたのは、やはり小食と玄米・麦飯・雑穀と二木式腹式呼吸法の賜物でしょう。日本の医学界の重鎮であった二木謙三博士が夜12時に眠って午前3時に起きる3時間の睡眠で活躍されたのは凄いの一言です。管理人も今食を変え、3時間の睡眠で人生を楽しんでいます。



二木謙三博士の流れでは、塩谷信男先生
や生姜紅茶で有名な石原結實先生も二木式健康法を実践して虚弱体質を克服されたとのことです

東京女子医大名誉教授の三神美和先生は100歳を過ぎても非常にお元気でしたが106歳にて永眠されました




管理人・わく蔵は、いつも朝4時ごろに座禅をしています
早起きをして座禅をすれば、心の進化や自分の生き方が見えてきます


まず一日の最初・朝一番にこころの平安と安定を得て自由自在な精神を得てからご自分のやりたいことや今日を生きれば過去の自分とは違う生き方が可能かと思います

早起きをして座禅をするメリットは、この忙しく殺伐とした現代において、一度自分自身を見直すことができます。これって、結構大事なことで普通は流されて俺の人生これでいいの?

こんな感じでしょうか?


座禅をすることにより、集中力や直感力が高まり、頭の回転もUPしますし、この大宇宙とつながり、創造力も飛躍

そして最大のメリットは朝早く起きて、座禅で集中して無になり脳を空にすると睡眠も少なくなります。座禅や瞑想の1時間は睡眠3時間に匹敵ともいいます。短眠をやりやすくしますし、どうしても早起きや短眠を始めたころは、眠くなったりするんで昼間5分程度のうたた寝か短い時間の座禅や瞑想が欠かせません

なぜ座禅や瞑想の1時間は睡眠3時間に匹敵?
これは、管理人・わく蔵の体験から座禅により脳を空?できるからと思います


ヒントは、二木謙三博士で、二木博士が考案の健康法は、二木式腹式呼吸法に玄米食と一日一食の二木式健康法で3時間睡眠で93歳まで健康を保持した。腹式呼吸法
は、瞑想の力をおおきくする

腹式呼吸トレーニング用マウスピース「プレスティーチャー」


長生きの秘訣・健康10訓 十少十多の健康訓

一、食うのは少なくし、噛むのを多くせよ
二、車に乗るのを少なくし、歩くのを多くせよ
三、着るのを少なくし、浴びるのを多くせよ
四、心のもだえを少なくし、働くことを多くせよ
五、怠けることを少なくし、学ぶことを多くせよ
六、語ることを少なくし、聞くことを多くせよ
七、怒ることを少なくし、笑うことを多くせよ
八、言うことを少なくし、行なうことを多くせよ
九、取ることを少なくし、与えることを多くせよ
十、責めることを少なくし、ほめることを多くせよ

関連     
超人と厳選した食事
 
瞑想や禅の活用
塩谷信男先生


上へ

超人になるには
瞑想や禅の活用
超人と厳選した食事


黒沢真次氏
ドクター・中松博士
南雲 吉則医師
塩谷信男先生
藤本憲幸氏  
日野原 重明先生
二木謙三博士 




60年にわたり多くの人々に読みつがれてきた二木式健康法。万病を克服した著者が体験をもとに記した健康法の決定版