南雲 吉則医師  短眠・健康・長寿・若返りな人々早朝時間を活用する短眠道場

早起き・朝活・短眠はあなたの人生を大きく変える!


早朝時間を活用する短眠道場
南雲 吉則医師



南雲 吉則医師

医療法人社団ナグモ会  ナグモクリニック

理事長・院長 


南雲 吉則医師は、ごぼう茶で有名ですが、
夕食のみの一日一食、一日の総摂取熱量は約500kcal
南雲吉則先生は夕食のみの一日一食で、一日の総摂取熱量は515kcalなんだそうです。
以前は、身長173cmで体重が77kgに不整脈これを菜食中心の一日一食を長年続けて、今は、62kgを維持されているとのことで一日一食にするのに約五年の年月を要したとのことです


南雲 吉則医師いわく、一日一食の場合、空腹状態から延命遺伝子が活性化し、細胞が若返り&修復でお肌年齢がどんどん若返り、体が生き生きしてくると語ります

睡眠は、4時間で、睡眠中の成長ホルモンは、若返りホルモンで分泌されるのは、夜10時から午前2時までの4時間でこの時間に熟睡することで若返が持論
参考


ブログ 錆びない生き方

乳癌と乳房再建についての最新情報をわかりやすく解説
http://blogs.yahoo.co.jp/naguyoshi

南雲 吉則医師が乳癌と乳房再建についての最新情報をわかりやすく解説
その錆びの原因はあなたの毎日にあった!細胞レベルから若返るために、今すぐあなたができること。ガンの専門医が説く錆びない生活術のすべて錆びない生き方 [単行本]

自分と合うのは、午後10時に寝て午前2時に起きる。自分は、午後9時半に寝て午前1時前後に起きるパターンが多いですが・・・

この時間はホルモンバランスがよく若返りとか?!

一日一食これも近い 自分は 一日一食から 一日二食
とにかく常識が全て正しいはおかしいと思います

管理人・わく蔵は一日一食にしてから疲れがなくなったのと、だるさがなくスッキリ状態になりました。


南雲吉則先生は、実年齢よりもかなり若く見えて、検査の結果、脳年齢38歳、骨年齢28歳、血管年齢26歳


ごぼう茶

ごぼうは、食物繊維が多く、水に溶けるイヌリンの整腸作用で、便秘や肥満の改善に役立ちます

ごぼう茶は、サポニンという若返りの妙薬として注目 されている成分多く含み、朝鮮人参と同じような効果が期待でき、若返りによく、ダイエットにも効果的

作り方

国産(無農薬)ごぼうを皮ありのままたわしでゴシゴシ水洗い、皮ごと薄くカット、流水で洗い、新聞紙に広げて陰干しで、3時間ぐらい干す。

乾いたごぼうをテフロン加工のフライパンで弱火で約10分ほど炒り、きゅうすに入れて好みの濃さに入れて飲むか煮だして飲みます。煮だした方がよりごぼうの成分が摂れるとのこと

管理人的には、お茶を薄めた味で飲みやすいと思います

【2/16発送分】【徳用サイズ(約17L分)】無添加ごぼう茶 85g入(送料無料)




 関連    
超人とは
 
超人になるには
超人と厳選した食事 
瞑想や禅の活用


上へ

超人になるには
瞑想や禅の活用
超人と厳選した食事


黒沢真次氏
ドクター・中松博士
南雲 吉則医師
塩谷信男先生
藤本憲幸氏  
日野原 重明先生
二木謙三博士 



ゴボウ茶でもおなじみの南雲 吉則医師

「一日一食」が人間にとってベストな食事法だということを説明、新たなライフスタイルを提案する画期的な本

56歳なのに―血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳。食事の内容と生活習慣を変えるだけ。お金や時間をかけず、日常生活の延長上でできる

56歳なのに、血管年齢26歳、骨年齢28歳、脳年齢38歳の著者が実践しているレシピ集

55歳の南雲医師。見た目は実年齢より20歳くらい若い。以前はメタボで今よりずいぶん老けていた南雲医師が10年前から実践し、20歳若返った奇跡の若返り術を初公開